086 JONGARA(じょんがら) | Musefactory

1/8

086 JONGARA(じょんがら)

086 .pdf

¥ 10,000 tax included

Download URL
You can DL after purchase (3189677byte)

JONGARA (086)
Set: Score and Parts
1st Mandolin, 2nd Mandolin, Mandola, Guitar, Mand.Cello, Bass
Level : ★★★★
Duration: 14 min.
(91 pages incl. front page and instruction)

This music is inspired by rhythm of a Japanese traditional musical instrument of Tsugaru-shamisen. The great feature of this music is taking improvisation aspect of jazz music. The powerful sounds makes this music dramatic with cherishing traditions. The shamisen is a stringed instrument shaped like a guitar and is often called a Japanese guitar. There are a lot in common mandolin and shamisen, although they have different characteristics. Hiro took an advantage of shamisen and made it into totally modern and original music.


じょんがら (086)
スコア・パート譜セット
編成:マンドリン×2、マンドラ、マンドロンチェロ、ギター、コントラバス
難易度:★★★★
演奏時間:14分: 
(全91ページ:表紙と説明書含む)

マンドリンの“トレモロによって、うたを歌う”ということに、少なからぬ抵抗感があり、マンドリンという楽器本来の機能に基づいた曲を書いてみたいと思っていました。そんな折、高橋竹山の津軽三味線の演奏に接し、昔からのスタイルの単なる保存などというものではなく、まぎれもなく、現代に生きている音楽、脈々と流れる血をもった音楽を感じて、とても感激しました。三味線そのものとマンドリンとは、全然別のものだけれど、打楽器的な発音原理に共通点を見い出して、ジャズに於けるアドリブの要素を加味して、出来上がったのがこの曲である。もちろん、これは三味線でもなく、ジャズでもなく、明らかに“マンドリンオーケストラの為の曲”である。ここで、“伝統”というものに対して一言……、伝統とか伝統芸能とかいうものは、大切に保存するべき“骨とう品”というような類いのものでは決してなく、現代の我々の生活の中に力強く生き続けている“血”それは、いわゆる伝統芸能を生み出し、様々な文化を続けている原動力、それこそまぎれもない我々の財産たるべき“伝統”ではなかろうか。音楽や絵画、建築それに文字に至るまで、昔から日本人は様々なものを貪欲に吸収して、今日の文化を築き上げてきた。音楽の分野だけを見ても、ジャズやロック、ポピュラーもクラシックもすべて受け入れて生活している現代の我々は、それらの中からより力強い“生きた、血のかよった”音楽文化を生み出していくべきではなかろうか……。それが本当の意味で、伝統を継承していくことになるのではないか……、そんな風に感じる今日この頃である。
(作曲時の解説より)

  • Payment method

¥ 10,000 tax included

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品