091 Hiroshima Siprit (生命の詩) | Musefactory

1/5

091 Hiroshima Siprit (生命の詩)

091 Hiroshima Spirit.pdf

¥10,000 tax included

Download URL
You can DL after purchase (2576808byte)

Hiroshima Spirit (091)
Set: Score and Parts
Level : ★★★★
Duration: 8min. 
(67 pages incl. front page and instruction)

Originally, it was wrote for solo orchestra with pan flute and mixed chorus and rewrote for mandolin orchestra. The music is based on the lyrics by the most respected person, Tomin Harada(-1999) who used to work as a surgeon in Hiroshima under tragic experience of atomic bomb attack during World WarII. It was first performed on 6th, August at Hiroshima Sea and Island Expo. Later, it was performed by Hiroshima Symphony Orchestra and CD was released. It was composed to wish for peace not only for Hiroshima but also worldwide. Hiro hopes this music helps more people to realize importance of  peace for everyone living in this earth, and will never forget his treats every time he listed to this music.

生命の詩(いのちのうた)(091)
スコア・パート譜セット
難易度:★★★★
演奏時間:8分
(全67ページ:表紙と説明書含む)

私が最も尊敬する人の一人である広島の外科医師、原田東岷先生(1999年没)が詞を書いて下さり、混声合唱とパンフルート、及びシンセサイザーオーケストラにより、広島の「海島博覧会」の会場で初演したのが、この曲の初稿です。その後、広島の合唱団の海外公演のレパートリー(ピアノ伴奏)として度々演奏されたり、広島交響楽団によりオーケストラ版が演奏、CD化されたりしてきましたが、より多くの人々に知って頂きたいと思いマンドリンオーケストラの為にも書き直しました。広島での悲惨な原爆の体験から、一生を平和の為に捧げて、「広島チルドレン」を初めとするバラを生み出して世界に広めたり、音楽をとても愛していらっしゃった原田先生。この曲を聴く度に、いつも先生の目にきらりと光っていた涙を私は一生忘れることはないでしょう。

  • Payment method

¥10,000 tax included

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品