161-3 Stabat Mater スタバート・マーテル | Musefactory

1/1

161-3 Stabat Mater スタバート・マーテル

161-3.pdf

¥1,000 tax included

Download URL
You can DL after purchase (2052565byte)

"Mandolin Solo + Piano
Stabat Mater (161-3)
(22-pages incl. front page and instruction)

The meaning of “Stabat mater” is referring to Our Lady of Sorrows, which portrays her suffering as Jesus Christ’s mother during his crucifixion. It’s been set to music by many Western composers. The challenge in this music was trying to create seraphic harmony to express love from heaven, rather than focusing on the grief of the lady. In this music, Hiro tried to deliver the most beautiful harmony of the mandolin.

マンドリン・ソロ + ピアノ
スタバート・マーテル(161-3)
(全22ページ:表紙と説明書含む)
「スタバート·マーテル」とは悲しみの聖母という意味で、イエス·キリストを失った聖母マリアの悲しみを歌った曲であり、昔からこの題材に基づいて書かれた曲は沢山あります。しかし、私は、断じて悲しみは歌わないようにしよう……清らかな天国的な愛のうたのみを歌おう……と、強く思いました。表面的なことでは、マンドリンの最も美しい音色を、最大限に生かすように書かれています。"

  • Payment method

¥1,000 tax included

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品