104 Sinfonia Parnassus (シンフォニア·パルナソス) | Musefactory

1/4

104 Sinfonia Parnassus (シンフォニア·パルナソス)

104 Sinfonia Parnassus .pdf

¥10,000 tax included

Download URL
You can DL after purchase (2122737byte)

★Sinfonia Parnassus (104)
1st Mandolin, 2nd Mandolin, Mandola, Guitar, Mand Cello, Double Bass, Glocken Spiel, Timpani
Set: Score + Parts

Please cut the followings when you make it within 10 min.
1. Cut from measure105 to measure 112  
2. Cut from measure149 to measure156
It was commissioned and first performed by Himeji Parnassus Mandolin Orchestra in June, 2010. The image of the music comes from the word “Parnassus” which is a name of sacred mountain in central Greece where Apollon and muse are believed to live there. “Sinfonia” is the Italian word for symphony and refer to agreement or concord of sound. The intention of this music was focused on beautiful harmony of mandolins to create the original sound. It’s been composed to make dramatic sounds with easy technique.

★シンフォニア·パルナソス (104)
1st Mandolin, 2nd Mandolin, Mandola, Guitar, Mand Cello, Double Bass, Glocken Spiel, Timpani
スコア・パート譜セット

10分以内に短縮する場合には次の様にカットして下さい。
【1】105小節→112小節までCut  【2】149小節→156小節までCut
姫路パルナソス·マンドリン·オーケストラの為に書か れたこの作品(2010年6月初演)は、最初に「シンフォニア·パルナソス」というタイトルが決定してから一気に作曲がはかどりま した。依願を受けて、まず最初に「姫路城」がイメージに浮か んできましたが「パルナソス」というギリシャ神話に出 てくる名前が、どうしても頭から離れません。アポロンとミューズ達が住んでいたという山パルナソ ス、詩や音楽の神ミューズのイメージがどんどん大きく なり、ついに「シンフォニア·パルナソス」というタイ トルが浮かび上がって釆ました。 Sinfoniaというのはギリシャ語を語源とするイタリア 語ですが「音が一緒に美しく鳴り響く」という意味を本来持っています。「マンドリン合奏の本来の美しさ、そ して音楽の本来の美しさに率直に感動する所から作曲を 始めよう」と思った瞬問から自然にメロディやハーモ ニーが沸き上がって来ました。 マンド1)ン·オーケストラの各楽器を、出来るだけ自然 に鳴り響かせ、美しく豊かな音で音楽を歌い上げる事が 出来るように留意して作曲しました。【★★】の技術で【★★★★】の効果が出るように作曲されています。

  • Payment method

¥10,000 tax included

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品