098 Goh:Chance Encounter(逅) | Musefactory

1/7

098 Goh:Chance Encounter(逅)

098 Goh(Chance Encounter).pdf

¥ 10,000 tax included

Download URL
You can DL after purchase (1699346byte)

Goh: Chance Encounter
(Goh:a chance meeting) (098)
1st Mandolin, 2nd Mandolin, Mandola, Guitar, Mand.Cello, Bass, 1-Perc.(Taiko), 2-Perc.(Taiko)
Set: Score + Parts
Level: ★★★★ 
Duration: 10 min.

When Siegfried Behrend, a German classical guitarist and composer came in Japan, he was impressed by the sounds of Japanese traditional drums, then Hisao Ito, a chairman of Japan Mandolin Union asked Hiro to write a music for mandolin orchestra with Japanese traditional drums in 1982. The premier was in Japan, later Italian mandolin orchestra “Citta di Brescia” performed and the CD was released in 1999. This was a completely new challenge to mix with two different elements, mandolin and Japanese traditional drum. In order to encourage player’s initiative, improvisation technique is required in this music. It is a great pleasure to find vitalities of two different instruments and create aggressive sounds. The title “Chance Encounter” refer to an encounter of mandolins and Japanese traditional drums.

逅(ごう)(098)
1st Mandolin, 2nd Mandolin, Mandola, Guitar, Mand.Cello, Bass, 1-Perc.(Taiko), 2-Perc.(Taiko)
スコアとパート譜のセット
難易度:★★★★
演奏時間:10分

ドイツの作曲家、ジークフリート、ベーレントが日本に来た時に日本太鼓の演奏を聞いて、とても感動したことを知った日本マンドリン連盟会長、伊東尚生先生から、マンドリンオーケストラと日本太鼓の為の曲を書いて欲しいと頼まれました。初演は岐阜マンドリンオーケストラと阿岐太鼓により岐阜市民会館で行われましたが、その後ベーレントが、ドイツでも演奏して、楽譜も出版されました。マンドリンオーケストラと日本太鼓という全く異質な形体を組み合わせるにあたり、それぞれの特質を生かしながら新しい世界を築き上げるということに留意しました。タイトルの『逅』は「二つの異質なものの出会いの場」という意味を込めて名付けました。太鼓もマンドリンオーケストラも、自発性を大切にするためアドリブの要素を取り入れてあります。演奏者全員の生き生きとした生命力がぶつかりあい力強い音楽が生まれてくることを作曲者として願っています。

  • Payment method

¥ 10,000 tax included

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品