036 Viva! Mandolin (ヴィヴァ!マンドリン)(036 Viva! Mandolin.pdf)

★Viva!Mandolin(Reviced in 2013)(036)
Set: Score and Parts
1st Mandolin, 2nd Mandolin, Mandola, Guitar, Mand.Cello, Bass
Level : ★★★
Duration: 10 min.

Year 1994 is the year of 100 years anniversary since mandolins were introduced to Japan. It’s been commission by Mr. Hisao Ito, chairman from Japan Mandolin Union and first performed by Gifu Mandolin Orchestra. In order to celebrate this anniversary, Hiro wanted to respect its roots where mainline came from, and tried to show gratitude in this music, so that he titled it “Viva! Mandolin” before composing. In this music, Hiro tried to deliver the full potential of its characteristic which are picking and tremolo method. He wishes that players can feel the soul of mandolin and create heart feeling sounds with all in one. 

★ヴィバ!マンドリン(2013年改訂新版)(036)

スコア・パート譜セット
編成:マンドリン×2、マンドラ、マンドロンチェロ、ギター、コントラバス
難易度【中級★★★】
演奏時間:10分: コンクールにおすすめ

1994年は、マンドリンが日本に持ち込まれてからちょうど100年になるそうです。これを記念する曲を作曲して欲しい……と、日本マンドリン連盟会長の伊東尚生先生から依頼を受けて作曲、岐阜マンドリンオーケストラによって初演されました。イタリアが母国であるマンドリンを祝福する為にも、タイトルは『ヴィヴァ!マンドリン』とすることに決定してから作曲を始めました。ピッキングとトレモロというマンドリン独特の奏法による美しい音色を最大限に生かすように心がけましたが、演奏する皆さんのいきいきとした心が楽器に乗り移り、素晴らしく感動的な音楽を生み出して下さることを願っております。"

¥ 10,000

*Tax included.

*This item is a digital item which you download (2171778 bytes)

Report